PS4版Dead by Daylightをプレイしてみた感想・評価

PS4版のDBDをプレイして約1週間が経過


ずっと、べるくらさんの動画でみていたDead by Daylight

実にシンプルなゲームで、殺人鬼が鬼で、人間が逃げる鬼ごっこのゲームです。

ただ追いかけっこするわけではなく、キャラクターのレベルを上げて能力を強化していく必要があります。

ゲームについてはまた詳しく説明しますので、本題へ移ろう。

ここでは、キラー側から見た感想をお伝えします。
まだサバイバー(人間)をプレイしたことないので。

#デッドバイデイライト:PS4版を買うならAmazonがおすすめ

ラグに関して

このゲームは鬼であるキラー側がホストになります。

日本市場には正式に発売されていないので、海外ユーザーが多いゲームの為、海外の人がホストになるとラグはあるでしょう。

逆に言えば、キラー側としてホストになっても海外勢とマッチングすると時々ワープをするサバイバーが居たりします。

日本勢は不利なのか?という事ですが、そんなことはありません。

ラグによってまったく太刀打ちできない事はありませんでした。日本人とも割りとマッチングするので。

どちらかと言えばラグよりも処理落ちの方が影響を受けますね。

処理落ちのカクつき


ラグは予測で補完する事ができますが、処理落ちは急にやってくるので一番イラっとします。

サバイバー側は処理落ちは無いようなのですが、キラーの場合は血の渇望というスキルを標準装備しています。

サバイバーとチェイス中(追いかけっこ)に移動速度が上がる能力なのですが、これにはエフェクトが掛かる為、処理落ちの原因のひとつになっています。

また、スタンをくらったりと処理落ちの原因はいくつかあり、あと1発当てればダウンを取れる時に処理落ちされると、遅延が発生し空振りや見失ったりと影響が出る事があります。

常にガクガクというわけではなく、時々起きます。

まだまだバグも多いゲームなので、PS4に最適化が済んでいないものと考えるのが妥当でしょう。今後のアップデートによって改善されると良いですね。

PS4PROなら処理落ちが改善できるかもわかりませんが、私はPROでやっていないのでわからないのが現状です。

マルチプレイ中以外でも、ロビーでキャラクターのカスタマイズやブラッドウェブを操作している時も動作が重いと感じるので、全体的に最適化がまだというイメージです。

BF1もリリース直後はメニューの動作が重すぎて不評でしたからね。

マッチングは早い?遅い?

一番気になるところでしょう。

これは正直一概にはなんとも言えないんです。

Dead by Daylightはランクによるマッチングをしているので、ランクが上がれば上がるほど、高ランク帯が少なくなるのでマッチングに時間が掛かってしまいます。

キラーはサバイバーよりもランクの上がりが早いため、上達の早さ次第ではマッチングが遅くて困ることも出てくるかもしれません。

先ほども申し上げましたが、このゲームは日本には正式にリリースされていないため、アメリカなどのユーザーが多くアメリカ時間で深夜帯~早朝にかけてはマッチングがしにくくなる事もあります。

ランク20~15程度であれば特にマッチングに困る事はないかと思います。

私の場合、既にランクが2まで到達してしまいマッチングがとても遅いです。

PS4でリリースされてから1ヶ月も経過していないので、高ランク帯が少ないのは仕方ないですね。

ランク1に到達したらSS撮って落とそうかなと考えるくらい、時間帯によってはまあまあ待たされます(^O^;)

なので、ライブ配信でマッチが始まらなくて申し訳なるときもしばしば。

総合的な評価:29.99ドルのゲームにしては上出来

まだまだ課題を抱えているゲームでありますが、元値を考えると十分なクオリティとパフォーマンスを備えたゲームだと言えると思います。

パッケージ版で買うとぼったくられるので、北米のPSストアで購入することを検討してはいかがでしょうか。

PS4版ユーザーが増えること祈っています!