CoDMW2019:新作CoDについて知っておくべきこと

  • シングルプレイヤーのキャンペーンは戦争の恐怖に焦点を当てている
  • シーズンパスが無くなり、パスの所有者と非所有者でマッチングの分裂が無くなる
  • 5年間にわたって制作されてきた、美しいビジュアルを提供するゲームエンジン

シーズンパスが廃止の背景

今回のコールオブデューティーは競合であるEA(バトルフィールド、スターウォーズバトルフロント)をかなり意識をしているようです。

今作に関しては、シーズンパスの廃止により、すべてのプレイヤーにマップなどを含む新しいコンテンツが無料で配信されます。

そして、重要なポイントとしてコールオブデューティーには3つのエディションが存在します。

  1. Standard 60$
  2. Operator Edition 80$
  3. Operator Enhanced Edition 100$

どのエディションを購入しても「シーズンパス」が廃止しているため、新しいコンテンツ配信は平等に行われます。

各エディションではどのような違いがあるのか?

Standardはボーナスアイテムが付属。

Operator Editionはボーナスアイテムとその他のプレミアムアイテムが付属。

Operator Enhanced EditionはCoDポイントが3,000付属。

あくまで付属している特典内容が違うだけなので、繰り返しになりますが、マップなどの新しいコンテンツはすべてのエディションに行われます。

なので、自分が欲しい特典を決めることで、どのエディションを買えば良いか決められるでしょう。

※海外の情報のため、日本で発売されるエディション展開は異なる場合があります。予めご了承ください。

参考:https://www.windowscentral.com/everything-you-need-know-about-call-duty-modern-warfare-2019