【レビュー】Logicool「G433」に買い換えて使ってみた感想・評価

Logicool「G433」を買った理由

結論から言うと、ずっと使っていたKingstonのヘッドセットのマイクが使えなくなったから。

では、なぜLogicoolのG433なのかというと、ヨドバシカメラのポイントが2万ポイントあって、最寄りのヨドバシに店頭在庫がある中から選んだ。

というのが主な理由。

ヘッドセットで1万円超え始めると高い部類になるのだが、このG433もその部類。

価格はアマゾンで1万3千くらい。ヨドバシで1万5千円くらい。

余談はこの辺にして、使ってみた感想をつらつらと書いていこうと思う。

G433の重さ


ヘッドセットって、それなりにいいやつを買おうとすると、基本的にゴツくて重い。
しかし、このG433はすごく軽量化されていて、逆にチープに思えるくらい。

購入してから数時間着用してグランツーリスモSPORTをやったけど、ヘッドセットの重さで疲れるということはなかった。

軽さ重視はおすすめ。

G433のイヤーパッド

イヤーパッドが2種類付属していて、デフォでついているのがメッシュタイプ。もうひとつはメッシュじゃないタイプの2種類。

このメッシュタイプは非常に肌との相性が別れる素材感。私はかゆくてとてもじゃないけど付けていられなかった。

ビジネスホテルのバスタオルをもっとパッサパサにしてごわごわにした感じでしょうか。

蒸れという部分では良いのかもしれないが、肌との相性が最悪だったのですぐに取り替えました。

G433の音質

PS4で使用するヘッドセットは1万円を超えると、どれも大差ないのではないかと思っているので、PS4で出せるマックスパフォーマンスは出ているのではないでしょうか。

というののも、このG433はPCで使えばソフトを使って7,1chにできるわですが、PS4はただのステレオです。めっちゃ音質が良い!とかいうのはPS4にそもそも存在しない話だということ。

なので、音程の高音・低音どちらが強いのかという話になると、高音よりも低音は多少強めではあるが極端な重低音ではなく全体的にバランス良くまとまっているという感じ。
高音はそこまで高い音に対応はしていないのかな。G433のジャンルとしてもFPS向けだと思われるので、必然的に低音が強くなる。

そもそも、音の音程を聞き分ける能力って個々で変わるので、必ずしも全ての音程をあなたが聞き取れるとも限られないのであしからず。

G433のマイク

単一指向性ということで、基本的な生活音はシャットアウトできていると思う。

音質に関しては「アナログ」での話になりますが、普通。必要最低限の音質は担保できます。
実際に使ってみた動画もあるので、そちらも御覧ください。
ゲームピックス管理人のグランツーリスモSPORT|ゲームピックス[JPN]をwww.twitch.tvから視聴する

VCで相手に意思疎通は問題なくできる。

ゲーム実況となると、コンデンサーマイクと比べてしまうと圧倒的に劣る。
高音質にこだわらないなら、これだけでゲーム実況までカバーできる最低限の音質。

ゲーム機以外での利用もできる


使用用途はPS4・PCだけでなくモバイル端末(スマホなど)も想定された専用のケーブルも付属しています。

日常生活からゲームまで全てG433でカバーできるようなコンセプトになっています。

音楽を聴いてみましたが、正直音楽用の3,000円程度のイヤホンにも負ける感じはするかな・・・。

高音が弱いので、EXILEとか高音の多い曲になると全体的にこもった感じになるので、音楽鑑賞には向いていないが、低音メインのずんずん系なら聴ける。
たとえばこういった感じの低音はすごく個人的に心地よく聴けるので、低音好きなら気にならないかも。

これも概ね満足

次のような曲は、スネアドラムとエレキギターがボーカルの声が少し低音強めなので、かき消されてる感じはする。

そんなに細かく聴き分ける人もごく稀だと思うが。

動画視聴に関しては問題ないだろう。

カラバリは3色展開



黒・青・赤から選べます。

私はずっと青のヘッドセット欲しかったので、即決!

全体的に今のとこ満足していますが、1万円で良いと思う。ちょっとLogicoolバブル起きてない?って思う。

買って損はしない。 以上!