BF1:リムペット爆弾の効果的な10の使い方

リムペット爆弾とは

リムペット爆弾は援護兵で使える時限式(3秒)爆弾です。
基本的に、車両や壁に貼り付けて使用します。後ほど紹介しますが、地面に設置して使う方法もあったりと幅の広いがジェットです。

リムペット爆弾の良い所

リムペット爆弾は、投げたら必ず爆発するので、ダイナマイトのような起爆操作による隙が生まれません。

次の敵に集中することができます。

対車両

リムペット爆弾のメイン用途が「対車両」です。
突撃兵以外で唯一車両に対抗できるのが、援護兵のリムペット爆弾です。

今作の車両、特に戦車は死角が多い上にとてもトロいので車両に対抗できるというのは大きなアドバンテージとなります。

重戦車

重戦車は、一番多く遭遇する事でしょう。
そして、戦車の中で一番硬いです。

この重戦車に対して、1個につき約38ダメージを与えることができます。

出くわした重戦車が攻撃を受けていない、修理したてのHP満タンの場合、3個のリムペット爆弾が必要となりますが、高確率で戦車のどこかしらを無力化できる為1個でも投げつけるのはとても効果的です。

また、グレネードと併用することで、より効率的に車両を破壊することが可能です。

装甲車

装甲車はリムペット爆弾を使って一撃で破壊することができます。

しかし、重戦車よりも移動速度が早く、リムペット爆弾を貼り付けるのが難しいです。

すれ違いざまに貼り付けられると良いでしょう。

自走砲

自走砲には、リムペット爆弾1個で45ダメージ与えることができます。

メイン武器を使用するために停車している事が多く、隙だらけなので比較的簡単にリムペット爆弾を貼り付ける事ができるでしょう。

軽戦車

軽戦車も自走砲と同じく、リムペット爆弾1個で45以上のダメージを与えることができます。

戦車類は、リムペット爆弾3個で破壊できる設定のようです。

ぎりぎり倒せない設定の為、軽量対戦車グレネードとの相性は抜群です。

– 車両の隙
大きな隙ができやすいシーンは車両同士が交戦をしている時です。

積極的に援護をしに行くと良いでしょう。

対固定武器

固定武器はリムペット爆弾の格好の的です。

車両のように動くことがないので、誰でも当てる事ができます。

特に、要塞砲を破壊するのにはリムペット爆弾が最適です。要塞砲には1個で51ダメージを与えるので、2個で要塞砲を破壊することができます。

対空砲は、一発で破壊する事ができます。銃で対応した方が手っ取り早いですが、破壊ポイントを大量にもらうことができる為、リムペット爆弾の使用もおすすめします。

野砲には75ダメージを与えることができるため、これもポイントがおいしいです。

固定武器は使用するとマップに赤く映り、音も派手にでかいのですぐに見つけることができます。

見つけたらリムペット爆弾を投げつけてあげましょう。

建物破壊

リムペット爆弾で、建物に隠れている敵を建物ごと破壊することができます。

2階にいる敵にも有効で、焦って落ちてきた所をキルすることもできますし、運良く瓦礫でキルできてば多少プラスにポイントを貰えるます。

ただし、天助にはリムペット爆弾はくっつかないので注意しましょう。

その他、建物の中で壁に張り付いて角待ちしているような敵も、外から壁にリムペット爆弾を貼り付けるとキルすることもできます。

建物に入って行く所を見かけたら、積極的に建物の壁にリムペット爆弾を貼り付けましょう。

芋掘り

芋掘りとは

芋っている敵を狩っていくことを言います。

芋っているプレイヤーに対してリムペット爆弾は非常に有効です。

リムペット爆弾でキルすることで相手の精神まで破壊することができます。

芋は場所さえ特定できれば、接近は難しくはないので、こっそり近づいてリムペット爆弾をお見舞いしてあげましょう。

死に土産

リムペット爆弾は、死んでしまっても爆発します。

大量の敵を目の前にした際は、死ぬのを覚悟でとりあえずリムペット爆弾を投げましょう。

マルチキルになることも珍しくありません。

対エリート

リムペット爆弾はエリート兵にも有効です。

銃剣突撃で良いじゃないかと思うかもしれませんが、エリート兵は足が遅いのでリムペット爆弾でキルする事が簡単です。

特に室内の火炎放射器兵に対してはかなり有効な反撃手段になるでしょう。

第二のグレネード

あまり遠くに飛ばないグレネードとして使えば、歩兵にも有効です。

グレネードが切れて補給が間に合わない時は、リムペット爆弾を代用しましょう。

威力も範囲もグレネードより勝っているので、敵の位置が確実にわかっている室内などでは、グレネードよりリムペット爆弾の方が確実にキルすることができます。

扉の破壊

ロックされている扉の破壊は、突撃兵の対戦車グレネードというイメージが強いですが、リムペット爆弾でも扉の破壊も可能です。

これをできる兵士は少なく貴重です。

援護兵は突撃兵と違って補給をすれば何度でもリムペット爆弾は使えるので、積極的にロックされている扉、門を破壊して通れるようにするのも良いですね。

即席強ポジション作り

BF1は地形が常に変化する仕様になっています。

グレネードの爆発、戦車の弾丸によって地面が大きくえぐれますよね。

リムペット爆弾は、土の地面などに投げると大きくえぐれる為、集中砲火などを一時的に避けられるポジション作りをすることができます。

穴をあけて隠れたらすぐに補給を行い、リムペット爆弾を所持した状態で次の動作に備えましょう。

人間魚雷

ドレットノートを見かけたら、リムペット爆弾を持って泳いで向かおう。

そして、船体にリムペット爆弾を貼り付け、上がる煙を眺めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

援護兵のリムペット爆弾には色々な可能性が秘められている強いガジェットだという事がよくわかったかと思います。

補給を考えると、突撃兵よりも活躍の場が多いかもしれませんね。

是非、リムペット爆弾を持って戦場へ向かいましょう!

参考動画